広告

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

ミニバンには珍しく4WDが設定されているヴォクシー。

 

そもそもミニバンに4WDが必要なのか?という疑問も浮かびますが、今回はそんなヴォクシー4WD車の性能、トヨタ式システム、価格について触れてみます。

 

最新では2WD車でも様々な機能により、凍結した路面、濡れた路面でも安心して走れるよう改善が加えられています。

 

しかし、それでも4輪で駆動する4WDには及びません。

 

雪道のみでなく、凍結路面や雨天などの悪天候時にもその差は大きく現れ、4WDが強い味方になるのは間違いありません。

 

4WDはけっして降雪地域やウインタースポーツのためだけの装備ではなく、日常の危険性を排除し、安定した走行を可能にするツールの一つなのです。

 

このようにメリットが多いのにもかかわらず、ユーザーが4WDを敬遠すのには理由はなんでしょうか?

 

それは2WDと比較して高価格と高燃費です。

 

これらが2WDと同等であればほとんどの自動車ユーザは4WDを選ぶのではないかと思うのですが、実際には差があります。

 

そこでヴォクシー4WDの性能とコストについて調べてみました。

 

この両車の違いを知ることで2WDと4WDのどちらを選ぶかの参考になるのではないかと思います。

 

引用:https://toyota.jp/voxy(この記事の画像全て)

 

 

広告
スポンサードリンク

4WDとは?

 

ヴォクシーの4WDと2WDを比較する前にそもそも4WDとは何か?ヴォクシーの4WDの特徴についてお伝えします。

 

4WDとは4輪が駆動する車ですね。

 

通常の自動車が2輪駆動(2WD)なのに対して区別するためにこう呼ばれています。

 

エンジンから発生した動力を4つのタイヤ全てに分配する駆動方式を4WDとか4駆と呼んでいます。

 

フルタイム式4WD。エンジン出力はセンターデフを介して前後輪に配分される。

 

ちなみに、5輪以上を装備する車では「全輪駆動」とか「総輪駆動」という呼び方をするそうです。

 

 

4WDの長所

一般的な二輪駆動と比べると、四輪が駆動力を発揮するため、牽引力は大きく向上します。

 

特に、駆動力がタイヤのグリップ力(路面との摩擦力)を上回り、雪道のような空転が発生しやすい路面では、各タイヤのトレッドにかかる駆動力を分散させることができますので、空転を抑え、悪路での脱出性や高速走行性に優れています。

 

同様に、エンジンブレーキによる制動力が四輪に分散されるため、ホイールロック(タイヤの滑走)までの限界が高く、ロックからの回復も早いという利点もあります。

 

4WDの短所

 

二輪駆動に比べて、駆動系が追加されるので構造が複雑になり高コストとなり、重量と抵抗が増えるため燃費は悪化し、デフを内蔵するライブアクスルではばね下重量も増加し、路面追従性や乗り心地にも影響します。

 

また、ドライブシャフトやギアの追加は騒音面も大きくなります。

 

 

広告
スポンサードリンク

ヴォクシー4WDの性能について

 

ヴォクシーの4WDは「アクティブトルクコントロール」と呼称する、電子制御式です。

 

ステップワゴン、ノア、エクスファイアにも同種のものが搭載されています。

 

これは、普段は2DWで走行していますが、雪道等で車輪が滑り出した時に感知し自動的に4WDに切り替わるというシステムです。

 

これによりフルタイム4WD車と比べて燃費が良く、状況に合わせた走りができるという利点があります。

 

基本的な特徴は同じですが、「電子制御」の名のとおり、各種センサーの情報から電子制御で駆動配分を変える事が出来るため、「前輪が滑った時」以外にも任意の条件で後輪に駆動力を配分できます。

また前輪が滑った場合の反応も機械式より速く、スリップの予兆の段階で対処が可能なのです。

 

ノアの場合は、後輪へ駆動力が配分されると明記されているのは以下の条件です。

発進・加速時や滑りやすい路面、コーナリング時、登坂時

 

推測すると作動する状況は下記のような場合ではないでしょうか。

 

 1.発進時
 2.アクセル開度が一定以上ある場合
 3.傾斜がある場合
 4.前輪のスリップ(の予兆)を検知した場合
 5.横Gが一定以上発生しているか、ステアリング角が一定以上ある場合

 

また、VSC・TRC・ABSなどの車両挙動を制御する装置と協調制御して車両の姿勢を安定的に保つことが出来ますので、別々に動作するよりもより車両の姿勢を安定的に保つことが出来ます。

雪道であってもVSCまで作動するのはよほどの状況ですが、安心感や違和感少なく乗れるのはメリットだと思います。

結果的に走破できても、姿勢が乱れたり滑った感触が伝わってくるとドライバーの疲労感が高まりますので良いシステムだと思います。

 

 

 

エンジン性能

 

 

ヴォクシー4WDは、エンジンの燃焼効率を高めることで、低燃費と高出力を両立する「バルブマチック」がさらに進化しており、ガソリン車の大幅な燃費向上を実現しています。

 

また、低燃費とスムーズな走りをサポートする新開発のSuper CVT-i(自動無段変速機)を搭載し、ワイドな変速比幅を実現し、燃費、静粛性、発進加速性能の向上に貢献しています。

 

ブレーキ

 

ヴォクシー4WDには、フロントに加えてリアにもディスクブレーキを採用し、機敏な走行性能と安心感のある走りを実現しています。

 

これは2WD車では「ZS」にしか装備されないものですが4WDでは全グレードに装備されています。

 

また、アイドリングストップ機能はもちろん、スイッチひとつでより低燃費にできるエコドライブモードスイッチが搭載されており、燃費のさらなる向上にも貢献しています。

 

 

広告
スポンサードリンク

ヴォクシーの4WDグレードと価格

 

 

ヴォクシー「X」4WDモデル

 

 

最もベーシックなグレード「X」の4WDモデルです。

基本的な装備ですが必要なものは充分装備していると思います。

価格は、税抜き2,474,000円~となっています。

 

 

 

ヴォクシー「V」4WDモデル

 

 

15インチアルミホイールや本革巻き3本スポークステアリングホイール、快適温熱シート(運転席・助手席)、消臭機能付シート表皮などを装備したヴォクシー「V」の4WDモデルです。

価格は、税抜き2,742,000円~となっています。

 

 

 

ヴォクシー「ZS」4WDモデル

 

 

16インチアルミホイールや内装色にはオレンジ&ブラックを設定でき、消臭機能付シート表皮、フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)などを装備したヴォクシー「ZS」の4WDモデルです。

価格は、税抜き2,722,000円~となっています。

 

 

2WDと4WDの装備の差

 

前にも述べましたように、2WD車では「ZS」にのみ装備されているリヤディスクブレーキが4WDの「X」「V」ともに装備され、これが価格の違いになります。

 

その他、S-VSCにはアクティブトルクコントロール4WD協調制御が追加されます。

 

スペック
ヴォクシー ZS 2WD
ヴォクシー ZS 4WD
全高(mm) 1,825 1,870
最低地上高(mm) 160 155
車両重量(kg) 1,600
1,680

 

スペック
ヴォクシー V 2WD
ヴォクシー V 4WD
全高(mm) 1,825 1,865
最低地上高(mm) 160 155
車両重量(kg) 1,570
1,660

 

スペック
ヴォクシー X 2WD
ヴォクシー X 4WD
全高(mm) 1,825 1,865
最低地上高(mm) 160 155
車両重量(kg) 1,570
1,650

 

 

ヴォクシー4WD車の実燃費

 

カタログ燃費  2WD:16.0km/L

4WD:14.8km/L

 

4WD車の実燃費(e燃費):ZS(煌含む)Si:10.01~10.65km/L X、V:10.31~10.66km/L
2WD車の実燃費(e燃費):ZS(煌含む)Si:9.7~10.16km/L X、V:10.16~11.76km/L

 

全車平均実燃費:10.34km/L

 

カタログ燃費では少々開きがありますが、実燃費ではほとんど差がないですね。

 

4WD車は車両重量が2WD車より120kg重い為、計算上差が出るのは不思議でもないのですが、実際には両方とも1.5tを超えるボディですし、120kg程度の重量差は、使用状況によって大きく異なることもありますので実燃費ではほとんど差は出ないということでしょうか。

 

また、最新の4WDの性能は昔よりもはるかに向上しているので、効率的な駆動を4輪に振り替え、2WDよりも無駄な燃料を使わないという面も影響しているのではないでしょうか。

 

 

ヴォクシー4WD車についてのまとめ

 

・アクティブトルクコントロールという電子制御により状況に応じて自動的に2WD⇔4WDの切り替えが行われ、普段は2WDで走行しているので通常の4WDよりも燃費が良く経済的。

 

・フロントに加えてリアにもディスクブレーキを採用し、機敏な走行性能と安心感のある走りを実現している。

 

上記2点を装備することにより2WDより車両価格が20万円ほど高くなりますが経済性、快適性は高まりますので検討する価値はあるのではないでしょうか?

 

購入の際のご参考になりましたら幸いです。

 

 

広告

 

ヴォクシーが欲しい!!

3代目ヴォクシーは、発表から3年後の2017年にマイナーチェンジが施され、より進化したモデルとなっています。

 

ヴォクシーおよびその姉妹車たちの大きな魅力は、5ナンバーサイズ(一部3ナンバーのグレードも存在)でありながら最大8名の乗車を可能にするパッケージングです。

 

でも、いざ買うとなると、

「ヴォクシー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ヴォクシーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ヴォクシー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。


 
「ヴォクシー画像」の画像検索結果

 

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

広告
スポンサードリンク