広告

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

 

国産ではトヨタのプリウスから始まった「ハイブリッド車」もいまでは数社から販売されもはや珍しくもないどころか街中を当たり前のように沢山走っていますね。

 

この車種には「ハイブリッドはあるの?」と言われるくらい、ハイブリッド車が普通にある世の中で、新たにトヨタ ヴォクシーにハイブリッド車が発売されましたね!そんなヴォクシーハイブリッドの特徴や走行性能など魅力についてまとめていきます。

 

注目ですよ!

 

※この記事の画像は全て引用:https://toyota.jp/voxy

 

広告
スポンサードリンク

ハイブリッド車とは?

 

 

そもそもハイブリッド車とはどういうものをさすのでしょうか?

まずはそこから説明します。

 

ハイブリッド車とは2つ以上の動力源(原動機)を持つ自動車の通称です。

 

2つ以上の動力源を持つ車両(自動車だけに限らず)をHV(hybrid vehicle) と呼びます。

 

日本で一般的にハイブリッド車と呼ばれる車両は内燃機関(エンジン)と電動機(モーター)を動力源として備えたHEV(hybrid electric vehicle)です。

 

車種によって違いはあるものの、運転条件によってモーターのみで走行、エンジンのみで走行、エンジンとモーターを同時に使用して走行するものなどがあります。

 

EV(electric vehicle)のように直接充電できるものはPHV(plug-in hybrid vehicle)と呼ばれます。

 

 

広告
スポンサードリンク

ハイブリッドシステムの種類と特徴

 

発電と駆動の方法により概ね、「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「スプリット方式」の3種類に大別されています。

 

シリーズ方式

 

シリーズ方式(直列方式)は、エンジンを発電のみに使用し、モーターを車軸の駆動と回生のみに使用し、さらに電力を回収するための蓄電池を有するもので、言わば『エンジンを発電用の動力源として搭載した電気自動車』なのです。

 

実際の仕組みは、まずエンジンで発電機を駆動して発電し、それにより発生した電力でモーターを駆動させ、走行します。

 

また、エンジンで発電した際の余剰電力や回生ブレーキにより発生した電力を大容量バッテリーに一旦蓄えて、その電力でもモーターを駆動し走行します。

 

 

パラレル方式

 

パラレル方式(並列方式)は、車に搭載している複数の動力源を車輪の駆動に使用する方式です。

 

エンジン出力 = トルク × 回転数ですので、エンジンの低回転時には十分なパワーが得られない上にアイドリングを含めて効率が悪く、また、排出ガスの浄化能力も落ちるのです。

 

一方、モーターは起動時に最大トルクを発生するものが多いため、発進時や急加速時など、エンジンが苦手とする熱効率が悪く有害排出物の多い範囲をモーターに受け持たせるといった、両者の苦手分野を相互に補える「いいとこどり」ともいえるのがパラレル方式なのです。

 

 

スプリット方式

 

スプリット方式(動力分割方式)は、エンジンからの動力をプラネタリーギアを用いた動力分割機構により分割(スプリット)し、発電機と車輪の駆動へ振り分けたり、エンジンとモーターからの駆動力を自由に合成することが可能な方式です。

 

発進時や低速走行時にはバッテリーに蓄えられた電気でEV走行し、通常走行時にはエンジンを最大トルク近辺の燃料消費率の低い回転域で使用し、プラネタリーギアを介した発電機で同時にバッテリーへも充電を行いながら速度制御を行います。

 

燃費悪化の原因となるエンジン出力の変化を極力抑えていることもこの方式の特徴です。

 

プリウス等、トヨタ車にはこの方式が導入されています。

 

トヨタハイブリッドシステムの詳しい説明はこちらをご参照下さい。 http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/hv/

 

 

広告
スポンサードリンク

ヴォクシーハイブリッドシステム

 

 

それでは本題となる「ヴォクシーハイブリッド車」についての魅力をお伝えしていきます。

https://toyota.jp/voxy/より引用

① 低燃費と低排出ガスに大きく貢献

 

1.8L 2ZR-FXE エンジン

アトキンソンサイクル、クールドEGR*1(排出ガス再循環システム)、電動ウォーターポンプなどの採用により、低燃費を実現します。

 

② 電流を最適に制御
昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット
小さな電流で大きな電力供給を可能とし、高出力モーターの性能を引き出します。
[ハイブリッド車に標準装備]
③ 低燃費化のために高めた伝達効率。
ハイブリッドトランスアクスル
動力分割機構、モーター、発電機、リダクションギヤ等を組み合わせて効率の良い走りのための最適制御を行います。
[ハイブリッド車に標準装備]
④ コンパクトで高性能
ハイブリッドバッテリー(ニッケル水素バッテリー)
フロントシート下に収め、ミニバンの持ち味である居住性や荷室スペース、優れた機能性を確保しています。
[ハイブリッド車に標準装備]

ヴォクシーのメリット

 

燃費の良さ

 

やはりユーザーにとってはここが1番魅力を感じるのではないでしょうか?

ハイブリッド車が燃費が良いのは分かっているけど他と比べてどれ位良いのか?

それでは、他社のライバルミニバンと比較してみましょうか。

ここでは日産セレナS-HYBRID、ハイウェイスターGの価格と燃費を比較してみました。

ヴォクシーハイブリッド

https://toyota.jp/voxy/より引用

 

【HYBRID Xの価格と燃費】
3,014,280円〜    23.8km/L

【HYBRID Vの価格と燃費】
3,142,800円〜    23.8km/L

 

 

セレナハイブリッド

360 car spinner

https://www3.nissan.co.jpより引用

 

【ハイウェイスターGの価格と燃費】
3,011,040円円    16.6km/L

【ハイウェイスターの価格と燃費】

2,678,400円   17.2km/L

 

日産はトヨタと違った独自のハイブリッドシステムを搭載しています。

 

価格は装備の差もあるでしょうから一概にどちらが得とも言えないと思いますが、燃費はヴォクシーの圧勝ですね。

 

値引き額はさておいて現状のメーカー希望小売価格でヴォクシーは300万円を切る車種は有りませんが、セレナは200万円台前半の車種もあります。

 

しかし、長い目で見るとこの燃費差ではヴォクシーの方がかなりランニングコストが安くなりますので購入するユーザー様の年間走行距離によっても選択が分かれるところでしょう。

 

燃費がいいという事は…こんなメリットもあり!

 

データー的にハイブリッドの方が燃費はガソリン車より1.5倍良いと言われています。

 

ということは、ガソリンスタンドに行く回数は、逆に3分の2に減るという事になります。

 

セルフのスタンドで給油する場合、わざわざスタンドに行って、自分で給油するあの面倒な作業が減るという事です。

 

セルフではないスタンドで給油する方でも行く回数は同じくらい減るわけです。

 

家や会社からから遠いけど少しでも安いスタンドへ行っている方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、その回数が減ればそこへ行くまでの燃料消費も抑えられますし、無駄に時間を消費することも減ります。

 

燃費が良いということはそういうメリットもありますよ!

 

 

シーンに合わせて3つの走行モードが選べます

 

記事番号:9103/アイテムID:252507の画像

 

ヴォクシーハイブリッドのスイッチ部分

 

 

 

 

1、エンジンを停止して走る「EVドライブモード」
モーターのみの静かな走行が可能になります。早朝や深夜などエンジン音が気になるときや、ガレージへの出し入れで排出ガスを迎えたいときなどに便利です。
2、燃費をより向上させる「エコドライブモード」
アクセル操作に対する駆動力を穏やかにすると同時に、暖房・冷房の効き具合を抑えるなど、燃費のさらなる向上に貢献します。
3、パワフルな走行が楽しめる「パワーモード」
アクセル操作に対するレスポンスが鋭くなり、坂道やワインディングロードなどで、より俊敏な走りが楽しめます。

https://toyota.jp/voxy/より引用

 

このようにヴォクシーハイブリッド車では運転者の判断でその場にあったフレキシブルな操作による対応も可能です。

 

 

ハイブリッドシステムインジケーター

記事番号:9103/アイテムID:252536の画像

 

ヴォクシーのメーター内

ハイブリッドシステムの出力やエネルギーの回収状況をリアルタイムに表示してくれるので、環境に配慮した状態で走ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォクシーハイブリッド車についてのまとめ

 

今回はハイブリッド車の概念、種類と特徴、ヴォクシーハイブリッド車の良さ(メリット)についてお伝えしました。

 

ヴォクシーに限らずハイブリッド車全体に言えるメリットは、高燃費、低税金、低騒音、環境に優しい(co2排出量が少ない)が共通項かと思います。

 

車両価格はガソリン車と比較して高価であるというデメリットもありますが、こちらの方は年間走行距離が多い方はトータルで考えれば安くつきますので一概にデメリットとも言えません。

 

コスト以外のメリットを考えてもこれから先は街中を走るハイブリット車の比率は上がっていきそうですね。

広告

 

ヴォクシーが欲しい!!

3代目ヴォクシーは、発表から3年後の2017年にマイナーチェンジが施され、より進化したモデルとなっています。

 

ヴォクシーおよびその姉妹車たちの大きな魅力は、5ナンバーサイズ(一部3ナンバーのグレードも存在)でありながら最大8名の乗車を可能にするパッケージングです。

 

でも、いざ買うとなると、

「ヴォクシー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ヴォクシーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ヴォクシー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。


 
「ヴォクシー画像」の画像検索結果

 

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

広告
スポンサードリンク