広告

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

まず始めに、この記事ではヴォクシーハイブリッド車燃費の向上法を謳っておりますが、カタログスペック以上の数値を出すことを目標にする訳ではありません。

 

カタログ値と実際の燃費に乖離があるのは仕方ありませんが、ちょっとでもガソリン代を節約するためには燃費を良くする技術や心がけが必要です!

 

ガソリン代節約や車を長く乗るためにもエコ運転を心がけるようにしましょう。

 

そこで、今日は燃費向上のための運転方法や注意点をまとめましたので参考にしてください。

 

方法としてはヴォクシーに限らず他のハイブリッド車についても概ね省エネの為に行うべきことは大きくは変わりません。

 

また、燃費をよくするために、交通ルールを無視するようなことは推奨致しませんしそのような行為は絶対におやめ下さい。

 

極端な話、一時停止をしなければ運動エネルギーを無駄にすることがありません。

だからと言って一時停止を無視してはいけません。

 

燃費の為に安全を犠牲にすることは本末転倒です。

 

燃費向上の為にグッズ等を使用する方法もありますが、今回は基本的なこと、オーソドックスにすぐに実行出来ることのみに絞ってお伝え致します。

 

それらを認識して頂いた上で、お読み頂ければ幸いでございます。

 

くれぐれも安全第一でハンドルをお握り下さい!

 

 

「ヴォクシーハイブリッド車画像」の画像検索結果

https://www.voxy.car-lineup.com/mame/hy_gaso_image/20.jpg より引用

 

広告
スポンサードリンク

燃費とは?

 

車の燃費を気にされる方は多いかと思います。

 

燃費とは何なのかをここで紹介いたします。

 

基本的には「燃費とは、1リットルのガソリンでどれだけ車を走らせることが出来るか」というものです。

 

例えば、1リットルのガソリンで20キロメートル走行出来たのなら、燃費をリッター20㎞と表します。

 

もし、1リットルのガソリンで30キロメートル進めたのなら、リッター30kmとなるのです。

 

同じ量の燃料で遠くまで進める方が得ですよね?

 

それが燃費が良いということです。

 

ドライバーの懐にも優しいですし、省エネルギーですので、人と地球にWin-Winですね。

 

燃費を向上させるコツ(ハイブリッド編)

 

ハイブリッド車と言っても色々ありますが、トヨタのハイブリッドは一番燃費の伸びやすいストロングハイブリッドです。

しかし、プリウスやアクア、ヴォクシー/ノア、ハリアーハイブリッド等々、トヨタのハイブリッド車を買ったのに期待していたほど燃費が伸びない、ガソリン車とあまり変わらないなと感じている人がいるみたいです。

 

これは、トヨタのハイブリッド車には燃費を伸ばす運転のコツがあるのです。

今回はそのコツを紹介してみようと思います。

 

 

加速時はゆっくりとアクセルを踏み込み加速する方が燃費に良いように感じますが、トヨタのハイブリッド車の場合は違うんです。

巡航速度まで数秒で一気に加速することです。

 

要するに、加速時はエンジンを掛ける(使う)ことになりますが、この時間を極力短くするということです。

ゆっくりと加速しているとエンジンを使う時間が長くなりますからね。

 

※じゅんこうそくど【巡航速度】

航空機などが、経済的で安全な定常飛行を行う時の速度。
出典:三省堂、大辞林第3版

 

 

巡航速度まで加速したら一度アクセルを離し、すぐに少しアクセルを踏みます。

するとエンジンが停止し、モーターでの走行に切り替わります。

最初はこのアクセルの緩め方とその後の踏む感覚がつかみにくいと思いますが、何度か繰り返しながら、音や振動などで判断してみて下さい。

 

また、ハイブリッド車には走行状態を表すモニター表示が付いていると思いますので、これを見ながら運転すると分かり易いかと思いますが、

 

この辺りはメーカー、車種によっても表示方法、表示位置等も違いが有ると思いますので取説と実際のパネルを見てご確認下さい。

 

また、減速時にブレーキを踏むと発電用のモーターが回り充電されます。

つまり、ブレーキを踏んで減速している時間がより長い方がよりバッテリーへ充電されるということなのです。

 

前方の信号が赤に変わりそうな時など、早めにアクセルを離しブレーキを軽く長く踏んでゆっくり減速しながら停止するように心がけると、バッテリーの蓄電が早くなり、モーター走行できる時間を伸ばすことができ、結果として燃費も向上に貢献します。

 

チリモ積もればで一般道を長く走る時はこの運転方法を実行していればバッテリーの蓄電に結構差がつくと思います。

 

 

それでは、燃費を良くするための運転のまとめです。

 

常日頃から燃費に気を配っていらっしゃるドライバーの皆様であればどうしたら燃費が良くなるのかはだいだい理解されていらっしゃるかと思いますが、

それらを踏まえて、燃費運転のアドバイスを行います。

 

基本的には、エンジンをなるべく掛けないような運転、それこそがハイブリッドカーの燃費向上の秘訣です。

 

 

燃費向上アドバイス

 

・アクセルはゆっくり踏みましょう

アクセルをたくさん踏むとハイブリッドのコンピューターは運転者が加速を求めていると判断します。

 

すると、モーターだけでは加速力が足らないのではと思ったハイブリッドのコンピューターがエンジンを掛けよう制御を始めてしまいます。

 

だからと言って、ノロノロ運転では他の車に迷惑が掛かりますし、無駄に交通渋滞を招きますので車の流れに気を付けた運転をしましょう。

 

 

・車の速度は控えめにしましょう

車の速度が高いと空気抵抗が増え、モーターの力だけでは走行できなくなります。

 

また、速度が早いとモーターの回転数が高くなっていまいます。

 

モーターの回転数を押さえるためにエンジンを掛けなくてはなりません。

 

車の速度が早いと加速しておらずモーターのパワーが必要なくてもエンジンが掛かる理由がそこにあります。

 

制限速度を守り、スピードを出しすぎないようにしましょう。

 

 

・ブレーキはゆっくり踏みましょう

ブレーキを強く踏むとハイブリッドのコンピューターは運転者が早く車を止めたいと判断します。

 

すると回生ブレーキと摩擦ブレーキを作動させます。

 

回生ブレーキでの減速を越える制動力を運転者が求めると摩擦ブレーキが作動するということなのです。

 

しかし、危険な時はブレーキをためらわずに使用しましょう。

 

燃費優先で事故を起こしてはいけません。

 

 

・回生ブレーキが可能な時はエンジンブレーキは控えましょう

プリウスなどトヨタのハイブリッド車にはシフトにBレンジがあるのをご存じでしょうか?

 

Bレンジとはエンジンブレーキを効かせるときに使うレンジとなります。

 

 

https://rr.img.naver.jp/migsrc=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160103%2F83%2F876483%2F8%2F500x375xdea7344cd2158099c809aad2.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r から引用

 

自動車教習所で習ったかと思いますが、『長い坂を下る時はエンジンブレーキを使用しましょう』という話です。

 

思い出しましたか? ではなぜ長い下り坂ではエンジンブレーキを使うのか? それは摩擦ブレーキが熱で効かなくなることがあるからです。

 

そのため、摩擦ブレーキを補う形でエンジンブレーキを使用しましょうとなるのです。

 

 

では、ハイブリッドカーの場合を説明します。

 

ハイブリッドカーには回生ブレーキが搭載されています。

 

そのため摩擦ブレーキの補助を回生ブレーキが行うためエンジンブレーキはあまり必要がないのです。

 

結論から言いますと、Bレンジに入れると燃費が悪くなります。

 

では、いつBレンジを使うべきなのでしょうか? ここまでの話を読んできた読者の方でしたらもうお分かりでしょう。

 

答えは、回生ブレーキが作動しなくなった時です。

 

回生ブレーキはハイブリッドバッテリーが満タンになると作動しなくなります。

 

そういった際は、エンジンブレーキが必要になります。

 

ただし、ハイブリッドのコンピューターもなかなか賢く作ってあり、回生ブレーキが働かなくなると自動でエンジンブレーキに切り替えてくれます。

 

そのため、よほどのことがない限りBレンジは使用しません。

 

運転者の任意で強いエンジンブレーキが必要な時のみBレンジを使用しましょう。

 

※回生ブレーキ(かいせいブレーキ)は、通常は電源入力を変換して駆動回転力として出力している電動機(モーター)に対して、逆に軸回転を入力して発電機として作動させ、運動エネルギー電気エネルギー変換して回収または消費することで制動として利用する電気ブレーキの一手法。発電時の回転抵抗を制動力として利用するもので、電力回生ブレーキ回生制動とも呼ばれる。電動機を動力とするエレベーター鉄道車両自動車他、広く用いられる。

Wikipediaより引用

 

 

・エアコンは必要な時以外はOFFにしましょう

エアコンのコンプレッサーがエンジン駆動の場合は特にエンジンが停止しません。電動のコンプレッサーのプリウス等の場合でも、多くの電気を消費します。エンジンが掛からないのでそれほど燃費に影響しませんが、電気を出来るだけ使用しないに越したことはありません。

 

暑さ、寒さがさほど厳しくない日はエアコンをOFFにする事も良いのですが、それによって体調が悪くなっては意味がありませんのでくれぐれも色んな要素を考慮しながら判断して下さい。

 

・ヒーターの使用には注意しましょう

ヒーターは、エンジンの熱がなければ暖房が効きません。

 

ヒーターのスイッチが入っているとハイブリッドのコンピューターは暖房を作り出そうとエンジンを掛けます。それが燃費の悪化に繋がるのです。

 

しかし、上手にヒーターを使うことで燃費の悪化を少なくすることが出来ます。

 

エンジンを暖めるためだけにエンジンを掛けていてはもったいないので他のことにも使いましょう。

 

例えば、発電しながらエンジンを暖める、加速しながらエンジンを暖める。

 

そういったことを行うことで、ただ単純にエンジンを掛けるのとは違いが現れます。

 

多くのハイブリッドカーのパネルにはバッテリーの残量が表示されていると思います。

 

ハイブリッドバッテリーが満タンの時は暖房を消し、エンジンを止めます。

 

ハイブリッドバッテリーが満タンでない時は、充電のために暖房を入れるようにしましょう。

 

あくまで充電のついでにエンジンを暖めるという意味ですが、それだけでも無駄な燃料消費を減らせます。

 

しかし、寒さを我慢して運転に支障が出ては意味がありません。

 

寒い時は暖房をONにしましょう。

 

 

・タイヤの空気圧を点検しましょう

これはハイブリッドだけでなく全ての車に共通することですが、タイヤの空気が少ないとタイヤの寿命を縮めますし、危険です。

 

月に一回でも良いのでタイヤの空気圧を点検し適正な空気圧を維持しましょう。

 

燃費以外の面でも空気圧は重要なのです。空気が少ないと高速走行時にバーストの危険性が高くなります。

 

そして、空気が少ないとタイヤは偏摩耗が発生します。

 

これらの事でタイヤの寿命が短くなります。

 

くれぐれもタイヤの空気圧を正常に保ちましょう!

 

・無駄に荷物を積まないようにしましょう

 

車に不要な荷物を積まないようにしましょう。

 

トランクに滅多に使用しないゴルフバックや季節外れのスキー用品等が積まれていないでしょうか?

 

車が重くなればそれだけ車を動かす為にエネルギーを使用しますので、燃料を消費します。

 

普段から車内を重くしないように積載物に注意しましょう。

 

 

・ルーフキャリアは必要時以外下ろしましょう

屋根にルーフキャリア等の装備を付けていませんか? 特にスキーやスノーボードをされる方はルーフキャリヤを積まれていることがあるかと思います。

 

必要な時は当然使用して構いませんが、全く必要としない時期は速やかに外しましょう!

 

重量もしかりですが、空気抵抗が増して燃費が悪くなります。

 

ルーフキャリアは一旦外してしまうと保管場所が必要になる、付けたり外したりの手間が面倒だったりする事で1年中装着されている方がいるようですが、ルーフキャリアは付けっぱなしにすると日光で劣化したり、色落ちしたり、濡れて錆びたりと、デメリットも大きいし燃費にも悪影響を及ぼすので保管場所を工面してシーズンオフは速やかに外す癖をつけておきましょう。

 

エンジンオイルはこまめに交換しましょう

エンジンオイルはエンジン効率を良くするためにもこまめに交換するようにしましょう。

 

エンジンオイルの交換目安はこんな感じです。

 

エンジンオイル交換の目安
車種 交換の目安(距離) 交換の目安(時間)
ガソリン車 1万5,000km 1年
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km 1年
ガソリンターボ車 5,000km 6ヶ月
軽自動車(ターボ車) 5,000km 6ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車) 1万km 1年

 

上記の表を見ると、「半年ごとのエンジンオイル交換」は、一般的なガソリン車にとって少し早い交換タイミングとなります。

 

しかし、悪路の走行が多い場合や、走行距離そのものが平均値よりかなり多い場合、頻繁にアップダウンのある走行等は交換目安がガソリン車で7,500km、若しくは6ヶ月となるため普段どのような状況下で車の運転をしているかによって左右されます。

 

ただ、これはあくまで目安でメーカーや車種によっても違いますので説明書やメーカーHP等でも確認して下さい。

 

あと、オイル交換の2回に1度はオイルフィルターも交換しましょう。

 

フィルターの汚れも燃費を悪化させます。

 

最短距離を行きましょう

目的地に行く時に最短距離を行くのがガソリンの節約につながります。

 

最短距離を通るには、カーナビを利用したり、事前に道順を調べておくことが必要になります。

 

グーグルマップを使うと最短距離で案内してくれます。

 

ただ、車1台通れるかどうかというほどの細い道まで入ってくので運転が苦手な方はご注意ください!

 

細い道に入ることを指示され自信がなければやめておきましょう。

 

通常のカーナビを使っているなら、そのほうがいいかもしれません。

 

渋滞予想を確認しましょう

 

最短距離を走ることで燃料の節約、時間短縮が見込めそうですが、逆にそのせいで渋滞に巻き込まれていたのでは意味がありません。

 

「渋滞画像」の画像検索結果

出典vegetas.blog.so-net.ne.jp

 

渋滞に巻き込まれるとイライラしますし、燃料も無駄に消費してしまいます。

 

出発前に渋滞予想を確認したり、渋滞する時間帯を避けたり戦略を練りましょう!

 

こちらもカーナビである程度わかります。

 

グーグルマップ等をスマホでチエックする手もあります。

 

運転中に見るのは危険ですのでサービスエリアに停車するか同乗者にナビゲートしてもらいましょう。

 

 

広告
スポンサードリンク

省エネ運転のまとめ

 

・自分のクルマのハード面をよく知り、特徴を活かす運転をすること

・メンテナンスを怠らない事が色んなロスを省き結果的に高燃費に繋がる

・ドライブ前に情報を入手し作戦を立てる

・同乗者が入れば出来るだけナビゲートを任せ、自身は安全運転、省エネ運転に集中する

 

概ねこういうことかと思います。

 

くれぐれも省エネの為に安全を犠牲にしないで下さい。

 

優先順位は安全が第一です。

 

安全運転で行こう、ヨシ!

 

 

 

 

広告

 

ヴォクシーが欲しい!!

3代目ヴォクシーは、発表から3年後の2017年にマイナーチェンジが施され、より進化したモデルとなっています。

 

ヴォクシーおよびその姉妹車たちの大きな魅力は、5ナンバーサイズ(一部3ナンバーのグレードも存在)でありながら最大8名の乗車を可能にするパッケージングです。

 

でも、いざ買うとなると、

「ヴォクシー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ヴォクシーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ヴォクシー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。


 
「ヴォクシー画像」の画像検索結果

 

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

広告
スポンサードリンク